木育について好き放題、書き放題。木育研究ならこのページ。


by mokuiku

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ライフログ


木力検定1


つみきであそぼ ([バラエティ])


割り箸はもったいない?―食卓からみた森林問題 (ちくま新書)


赤ちゃんからはじめる木のある暮らし~親子でウッドスタートBOOK~


木材のクールな使い方 COOL WOOD JAPAN(クールウッドジャパン)

記事ランキング

Vol.7 鉄ちゃん

「鉄ちゃん、鉄ちゃんじゃないか!」

二酸化炭素君が街を歩いていると、懐かしい出会いがありました。

「二郎じゃないか? あれからどうしてた? 元気だったか?」

彼は炭素鋼の鉄太郎、やんちゃで、けんかっ早い(注1)けど、みんなの人気者。
通称鉄ちゃんです。

「鉄ちゃんも、元気そうだね。それにしても、その傷はどうしたの?」

「いや、さっきそこで調子に乗ってる酸素軍団をみかけてな、
ちょっと締めてやったんだよ。がはは。」

鉄ちゃんの背中には赤い返り血(注2)がついています

「ほどほどにしないと、いくら鉄ちゃんでも
身体ぼろぼろになっちゃうよ・・。」

「なに、俺のことは心配すんな。こうでもしないと、酸素の野郎の本性は
暴けないからな。ま、ほどほどにやってくよ。がはは」

二酸化炭素君は陽気な笑い声に少しほっとしました。

「・・・関係ないけど、一郎兄ちゃんのこと、鉄ちゃん、なにか聞いてない?」

「なんだ、一郎のやつ、まだ帰ってきてないのか・・」

「鉄ちゃん、何か知ってるの? 知ってるんでしょ? ねえ、教えてよ。」

鉄ちゃんは、困った顔で、しばらく口を開きませんでしたが、
ひとつ、大きく呼吸して、ゆっくりと話はじめました。

「なあ、二郎、人にはいろんな悩みがある。そしてその悩みは、
仲のいい友達、兄弟でもいえないことがある。
おまえと一郎は、一緒に育った、そりゃ仲のいい兄弟だ。
でもな、そういうお前にも話せないこともたくさんあるんだと思う。
今は、あいつのことはそっとしておくことだと思うよ。
あいつなら大丈夫だ。
そのうち元気に帰ってくるよ。」

「鉄ちゃん、そんな話聞きたいんじゃない!
今、兄ちゃんはどうしてるの? 元気なの? 最近会ったんでしょ?
どこにいるの? 教えてよ!」

二酸化炭素君は涙をこらえて鉄ちゃんに頼みました。でも、
鉄ちゃんは、首を横にふるばかりです。

「あいつには、あいつの思いがある。
それをわかってやってくれ。
あいつは自分の人生をしっかりと熱く、燃え尽きたいんだ。
なあ、二郎・・・。
わかってやってくれ・・・。」

そういうと、鉄ちゃんは悲しそうな横顔を残して、去っていきました。
夕日が照らす鉄ちゃんの輝きも、少し寂しげに感じられました(注3)。



注1)イオン化傾向が強い
注2)表面が酸化鉄(Ⅲ)に変わっている。
注3)結構錆がまわっているため。
[PR]
by mokuiku | 2011-05-12 15:46 | 二酸化炭素君

以前の記事

2018年 05月
2015年 07月
2011年 12月
2011年 05月
2011年 04月
more...

画像一覧

木育関連のリンク

検索

その他のジャンル